1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. ベイ連敗、広島王手 10月13日・セリーグCS第2戦

横浜DeNA0-3広島
ベイ連敗、広島王手 10月13日・セリーグCS第2戦

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2016年10月14日(金) 02:00

6回無死一塁で併殺打に倒れ、ベンチに戻る横浜DeNA・ロペス=マツダ
6回無死一塁で併殺打に倒れ、ベンチに戻る横浜DeNA・ロペス=マツダ

横浜DeNA
000 000 000|0
101 000 01x|3
広島

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)は13日、セ、パ両リーグでファイナルステージ第2戦が行われ、横浜DeNAベイスターズは広島市のマツダスタジアムで広島と対戦し、0-3で第1戦に続いて零封負けを喫した。これで対戦成績を3勝0敗(1勝のアドバンテージを含む)とした広島が日本シリーズ進出に王手をかけた。

 横浜DeNAは広島の4投手に対し、わずか5安打と打線が振るわなかった。

【フルマーク】初得点で初勝利を


 試合終了後、主将の筒香はベンチに深く腰掛け、自身のバッティングを思い返していた。5安打で相手を上回ったとはいえ、長打は1本もなく連夜の零敗。目前で日本シリーズに王手をかけた広島ナインが歓喜に沸いていた。

 打順の組み替えも功を奏さなかった。マツダスタジアムで相性の悪い宮崎をCSで初めて中軸から7番に下げ、左手薬指を骨折している梶谷をあえて5番で起用。しかし、三回まで1人も走者を出せず、逆に2点のリードを許してしまう。

 四回には先頭の桑原が敵失で出塁したが、野村に対して今季2割8分6厘だった石川が強行策に空振り三振。2死から筒香が初安打となる右前打でつないでも得点には至らなかった。

 ラミレス監督は「2点負けている状態でバントは考えていなかった」と明かす。1番田中が出塁し、2番菊池の犠打で好機を広げて確実に得点した広島とは対照的に、追いかける展開で采配は後手に回った。

 これでCSのチーム打率はファーストステージから通算して1割8分8厘。全5試合でタイムリーは10日の嶺井が放った1本のみだ。このままでは、ファーストステージの感動がかすんでしまいかねない。

 崖っぷちに追い込まれたチームを代表してキャプテンが言う。「やれることはあしたとにかく勝つだけ。今さら(仲間も)僕が言わなくても分かっている」。まずは1点、その先のファイナルステージ初勝利で意地を示したい。


◆ラミちゃん☆ゲッツ
 「野村に非常にいいピッチングをされた。バットは振れているが、それ以上の投球をされた。崖っぷち? 打たないと勝てない。良い準備をして臨むだけだよ」

◆四死球、暴投悔やむ
 先発三嶋は五回途中、3安打2失点で降板した。

 「緊張することなくマウンドに上がれた」というが、一回に警戒していた1番田中にいきなり二塁打を放たれ、先制点につなげられてしまう。三回には再び先頭の田中に四球を与え、暴投で二進を許すと後続の犠打と犠飛で2点目を失った。

 今季は若手の台頭により4試合の登板でわずか1勝にとどまり、ポストシーズンに悔しさをぶつけようとしていた右腕。「先頭打者を出塁させてしまい、リズムをつくることができなかった。四死球や暴投を出してしまったことに悔いが残る」と肩を落とした。(マツダ)

◆石川「開き直れる」
 ファイナルステージで初先発した石川が六回に内野安打を放ち、CSで初安打を記録。二塁へのゴロでヘッドスライディングする気迫を見せたが、得点にはつながらず、「(野村は)最多勝した(レギュラー)シーズンよりも良く感じた。入ってくる球も、逃げていく球も良かった」と脱帽した。

 この負けで後がなくなったものの、石川は「これで逆に、いい意味で開き直れる。みんなで一つになってやっていくしかない」と気持ちを切り替えていた。 (マツダ)

第3戦見どころ


 広島は黒田の先発が予想される。今季の横浜DeNA戦は5試合で1勝2敗、防御率3.60と分が悪いだけに、絶好調の田中を起点とする打線が早めに援護し、優位に立ちたい。横浜DeNAは先発が見込まれる井納が8日のファーストステージで好投するなど状態は良い。2試合連続で無得点と低調の打線は、黒田と相性のいい倉本、筒香の奮起が鍵となりそうだ。


1回、丸に先制の右前タイムリーされ、肩を落とす三嶋=マツダ
1回、丸に先制の右前タイムリーされ、肩を落とす三嶋=マツダ

3回裏広島1死三塁。丸の中犠飛で突っ込む三走田中に捕手戸柱がタッチを試みるも及ばず。2点目を失う=マツダ
3回裏広島1死三塁。丸の中犠飛で突っ込む三走田中に捕手戸柱がタッチを試みるも及ばず。2点目を失う=マツダ

5回、田中にストレートのフォアボールを与え、降板を告げられる三嶋(中央)=マツダ
5回、田中にストレートのフォアボールを与え、降板を告げられる三嶋(中央)=マツダ

8回、三上が田中にソロ本塁打を浴びる=マツダ
8回、三上が田中にソロ本塁打を浴びる=マツダ

先発した横浜DeNAの三嶋=マツダ
先発した横浜DeNAの三嶋=マツダ

アレックス・ラミレスに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング