1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 他競技取り入れる砂田 「バランス一番いい」

2020春季キャンプ
他競技取り入れる砂田 「バランス一番いい」

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2020年2月8日(土) 05:00

軟式球を使って練習する砂田=アトムホームスタジアム宜野湾
軟式球を使って練習する砂田=アトムホームスタジアム宜野湾

 不振だった昨季からの復活を期す砂田が充実のキャンプを送っている。練習メニューに他競技のトレーニングも積極的に取り入れ、「投球時のバランスは(近年で)一番いい」と手応えをかみしめる。

 2017年は62試合、18年も70試合に登板するなど奮闘したが、昨季はわずか16試合で防御率5・11。「挑戦する気持ちが少なくなっていた」と分析する。

 今キャンプではテニスのラケットを振り抜き、バレーボールのサーブも繰り返す。さらにキャッチボールでは軟式球やテニスボールを使うこともあり、「軽い球を手先でコントロールしないで全身を使って投げることに意味がある」と意図を説明する。

 ブルペンでは投球フォームをさまざまな角度から動画撮影し、自身の感覚とすり合わせてきた。17年の日本シリーズも経験した7年目の24歳は「常にアピールしないといけない立場。いろんなことに挑みながら実戦で結果を残したい」と、貪欲さを前面に出して救援の座を奪い返す。

砂田毅樹(野球)に関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング