1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 【ベイキャンプ】東、主軸相手に堂々

【ベイキャンプ】東、主軸相手に堂々

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2018年2月17日(土) 02:00

 横浜DeNAベイスターズの春季キャンプ第4クール第2日は16日、沖縄県のアトムホームスタジアム宜野湾で行われ、ドラフト1位左腕の東(立命大)が初の打撃投手を務めた。浜口、田中健、国吉らはブルペンで熱のこもった投球を披露した。

 2軍は読谷村の平和の森球場で中日と練習試合を行い、3-10で敗れた。1軍から三嶋、佐野、細川、ソトが参加し、細川が適時打を放った。同3位の阪口(北海高)が1回無失点で実戦デビューを飾った。

 ラミレス監督は「東は下半身の使い方が非常に良い。試合で見るのが楽しみ」と絶賛した。

持ち味の制球力発揮



 即戦力の名にたがわぬ、堂々たるピッチングだった。

 初の“実戦”マウンドとなるルーキーを迎えたのは昨季のリーグ打点王ロペス。「体に当てちゃいけない」。初々しいコメントとは裏腹に、侍ジャパン大学代表の元エースは身長170センチの小さな体を目いっぱい使って腕をしならせた。


威力十分の直球を投げ込むドラフト1位ルーキーの東=アトムホームスタジアム宜野湾
威力十分の直球を投げ込むドラフト1位ルーキーの東=アトムホームスタジアム宜野湾


 最速145キロの直球を軸にスライダーやカーブを混ぜて計46球。直球、スライダーで空振りや見逃しを奪うなど、持ち味の制球力で両コーナーを突いた。安打性の当たりはロペスにカーブを打たれた2本のみ。乙坂にはいい当たりを許さなかった。

 首脳陣が見守る中、「ブルペンよりバッターが立ったほうが力まずに投げられた」と言ってのけた背番号11は「嶺井さんにも『真っすぐが伸びていた』と言ってもらえた。直球中心でいけるかなと思う」とプロでも手応えをつかんだようだ。

 各球団からの偵察組も、阪神の嶋田スコアラーが「コントロールがいい。開幕ローテーションに入るだろう。相当厄介」、西武の亀井スコアラーも「めちゃめちゃいい投手。ホームベース上で球が強い。変化球も多彩」と警戒心を強めた。

 ラミレス監督も「ロペスも乙坂も打つのが難しそうだった。横浜スタジアムならもっと球速も出ると思う」と太鼓判を押した。

 キャンプの猛練習で体重は2キロ減。疲れがある中でも首脳陣に大きくアピールしたが、当の本人は「高めに浮く球もあったし、変化球の精度もまだまだ。70点。1試合でも多く投げて感覚を取り戻したい」。先発の「左腕カルテット」誕生も近そうだ。 

阪口 大器の片りん



 また、楽しみな高卒ルーキーの登場だ。ドラフト3位の阪口が、中日との2軍戦に初登板し1回無失点。恐れることなく186センチからストレートを投げ下ろした。

 昨夏の甲子園以来という実戦に、緊張しながらマウンドに上がった。テーマは「真っすぐがどこまで通用するか」。打者4人に2安打されたのも、全7球のうち6球を直球で攻めた結果だ。


【中日-横浜DeNA】1回を無失点に抑えたルーキーの横浜DeNA・阪口=読谷平和の森球場
【中日-横浜DeNA】1回を無失点に抑えたルーキーの横浜DeNA・阪口=読谷平和の森球場


 キャンプでは1日おきにブルペン入りし、直球を磨き上げてきた。この日の最速は145キロ。左打者のインコースも突いてみせ、大器の片りんをのぞかせた。

 プロの打者との初対戦を終えた右腕は「スイングスピードがまるで違った。コントロールをもっとつけないと。65点です」と初々しい。1軍の練習を抜け出して視察したラミレス監督は「地方球場のマウンドが投げにくいのにこれだけスピードが出たのは良かった」と上機嫌だった。

 ベイスターズは石田、今永、浜口ら大卒の「左腕王国」になっているが、生きのいい高卒右腕たちの評価も急上昇中だ。4年目飯塚、3年目綾部が昨季初勝利をマークし、2年目京山は今キャンプでの注目株。京山は14日のハンファとの練習試合でも好投し開幕ローテーション入りをアピールしている。

 篠原1軍投手コーチも「高卒投手を育てる地盤が出来上がっている。本当に将来が楽しみ」と、若き右のエース候補たちをじっくり育てる方針だ。

 若手の競争が激しいことは阪口も覚悟の上だ。昨季の2軍でチーム最多の99イニングを投げた先輩京山を見習い「まずは京山さんの投球回数を超えたい」と1年目のターゲットにしている。

細川、打撃でアピール



 右翼のレギュラー候補、細川が中日との2軍の練習試合に5番で先発出場し、五回に適時打。視察したラミレス監督ら首脳陣にアピールした。


【中日-横浜DeNA】5回、適時打を放つ横浜DeNA・細川=読谷平和の森球場
【中日-横浜DeNA】5回、適時打を放つ横浜DeNA・細川=読谷平和の森球場


 これまでの試合で持ち前の一発は出ていないが、果敢に盗塁を決めたり、右翼守備も無難にこなしている。ラミレス監督も試合後、「悪くなかった」と評価した。 (読谷村)

春季キャンプに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング