1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 投打に最先端機器 ラミレス監督「チーム力を上げたい」

2020春季キャンプ
投打に最先端機器 ラミレス監督「チーム力を上げたい」

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2020年2月2日(日) 23:19

 横浜DeNAの春季キャンプ第1クール第2日は2日、沖縄県宜野湾市のアトムホームスタジアム宜野湾で行われ、浜口や山崎らが2日連続でブルペンに入って調整した。野手陣ではルーキー蝦名が全体練習後にロングティー打撃を行い、柵越えを連発。持ち味の強打をアピールした。ラミレス監督は蝦名を「体が大きくていい選手。ポテンシャルはすごく高い」と評価した。

 2日連続でブルペン左端のマウンドに立ったのは、プロ4年目の左腕浜口。その後方には約十センチ四方の小型カメラが備え付けられていた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング