1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 【ベイキャンプ】二遊間新時代へ 大和「どちらもOK」 倉本も二塁挑戦前向き

【ベイキャンプ】二遊間新時代へ 大和「どちらもOK」 倉本も二塁挑戦前向き

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2018年2月3日(土) 02:00

 昨季遊撃手としてフルイニング出場を果たした倉本に、ラミレス監督がコンバートの選択肢を提示した。

 キャンプ初日の午前中に知らされたという二塁の守備への挑戦。シートノックで、不慣れなポジションを任された背番号5は苦しんだ。ゴロをこぼすシーンもあったが、同じ組で回った柴田の動きを参考にしながら、何とかさばいた。

 二塁はプロで初めて挑んだのはもちろん、アマ時代を含めても横浜高時代に練習で一度入ったことがある程度。「今までとは景色も(打球の)角度も全て違う。普段使わなかった右脇腹の筋肉にくる」。それでも殊勝に言った。「マイナスな気持ちではやっていないです。初めてだから楽しさもある」

 新たな世界に飛び込んだ倉本の姿に指揮官は「大きな決断? そうだね。でも、最優先はチームの勝利だから」。そう言いたくなるほど、「遊撃・大和」の動きは華麗だった。

 阪神からやって来た新戦力は、キャッチングからスローイングが素早く、目立ったミスは一度もなし。永池内野守備走塁コーチは「動きに全く無駄がない」、昨季二塁で台頭した柴田も「いろんな打球に対していろんなパターンの身のこなしができるからすごい」と絶賛。大和自身も「二塁でも遊撃でも、どちらもできるように準備してきた。二塁・倉本と組む場合? できる範囲でサポートしていきたい」と余裕を見せた。

 今季は、二遊間のポジションを固定することにこだわらない考えの指揮官は、現役時代を振り返り「大和と倉本は、荒木、井端を思い出させるね」と期待を込めた。

 中日の「アライバ」はいずれも二塁、遊撃を高いレベルでこなす名コンビだった。柴田を含めた三つどもえで、ハマの二遊間に新時代が訪れた。



 横浜DeNAベイスターズの春季キャンプ第1クール第2日は2日、沖縄県のアトムホームスタジアム宜野湾で行われ、シートノックで阪神からフリーエージェント(FA)権を行使して移籍した大和が、二遊間のポジションを争う倉本、柴田らとともに軽快な動きを見せた。

 全体練習では投内連係を確認したほか、居残りで倉本、柴田らが特守に汗を流した。大和らのポジション争いに、ラミレス監督は「競争はチームにとってプラスになる。勝つためのベストな方法をこれから考えていく」と期待を込めた。


二塁、遊撃の守備で華麗な動きを見せた横浜DeNA・大和
二塁、遊撃の守備で華麗な動きを見せた横浜DeNA・大和

新たに二塁手に挑戦した横浜DeNA・倉本
新たに二塁手に挑戦した横浜DeNA・倉本

春季キャンプに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング