1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 大舞台も平常心 DH起用の乙坂 10月28日・日本シリーズ第1戦

大舞台も平常心 DH起用の乙坂 10月28日・日本シリーズ第1戦

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2017年10月29日(日) 02:00

ソフトバンク戦の5回、桑原の遊ゴロの間に生還した三走乙坂(33)を迎える筒香(左から2人目)ら横浜DeNAナイン=ヤフオクドーム
ソフトバンク戦の5回、桑原の遊ゴロの間に生還した三走乙坂(33)を迎える筒香(左から2人目)ら横浜DeNAナイン=ヤフオクドーム

 指名打者制がある第1戦で、ラミレス監督に8番で起用された6年目の乙坂。「普段通り。野球をすることには変わりがないんで」と平常心を強調して臨んだ大舞台で、五回にはチーム初得点を記録した。

 3点を追った五回先頭の第2打席で、ソフトバンク千賀の147キロの直球を強振し、二ゴロ敵失で出塁。「チームとしてキャンプから積極走塁を言われてきた」と、続く倉本の右前打で俊足を飛ばして一気に三塁を陥れ、桑原の遊ゴロの間に生還した。

 阪神、広島を相手にしたCSではいずれも代打として起用され、ファーストステージ第2戦の3ランを含む4打数2安打5打点と大当たり。待望のポストシーズン初先発を勝ち取った。

 横浜高出身の23歳は「すごい経験だし、光栄なこと。何よりこのチームで野球をできることが一番誇らしい」。2戦以降、あらためてチームの起爆剤になれるか。

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング