1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. ドラフト会議控え横浜DeNA 1位指名は田嶋らが有力

ドラフト会議控え横浜DeNA 1位指名は田嶋らが有力

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2017年10月26日(木) 02:00

競合すれば、抽選のくじを右手で引き当てると宣言した横浜DeNA・ラミレス監督=横浜市中区の球団事務所
競合すれば、抽選のくじを右手で引き当てると宣言した横浜DeNA・ラミレス監督=横浜市中区の球団事務所

 横浜DeNAは25日、横浜市中区の球団事務所でスカウト会議を開き、26日のドラフト会議での1位指名候補を4選手に絞り込んだ。田嶋大樹投手(JR東日本)が有力と見られるが、高田繁GMは「投手は1枚欲しいし、そろそろ高卒の野手を指名して育てたい」などと説明し、東克樹投手(立命大)、清宮幸太郎(東京・早実高)、安田尚憲(大阪・履正社高)の両内野手も候補に残しているという。

 外れ1位候補には斉藤大将(桐蔭学園高-明大)ら複数の投手が挙がっている。同GMは「競合を避けるというよりもチームにとって一番欲しい選手を取る。投手なら左も右も関係ない。ローテーションに入る、期待ができる人を取りたい」と強調し、投手陣を中心に6、7人程度を指名する見通しだ。

 競合した場合、昨年に続いてくじを引くことになったラミレス監督は「今年は高いモチベーションを持っている。必ず取れる」と右手でガッツポーズ。同GMも「1位は競合するでしょう。今は勢いがあるし、ラミちゃんの強運に懸けるよ」と乗っている指揮官に全てを託した。

ドラフト会議に関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング