1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. ドラ4東妻、指名あいさつ「打てる正捕手に」

【ラミ流】勝負の5年目
ドラ4東妻、指名あいさつ「打てる正捕手に」

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2019年10月25日(金) 05:00

ベイスターズのキャップをかぶってキャッチングのポーズを取る東妻=和歌山市の智弁和歌山高
ベイスターズのキャップをかぶってキャッチングのポーズを取る東妻=和歌山市の智弁和歌山高

 ベイスターズからドラフト4位指名された智弁和歌山高の東妻純平捕手(18)が24日、吉田孝司スカウト部長ら球団関係者から指名あいさつを受け、「打てて守れるのが一番の目標。球団の正捕手になりたい」と抱負を語った。ロッテで投手として活躍する5歳上の兄との対戦も「絶対打ってやりたい」と心待ちにしている。

 智弁和歌山高では1年夏から5季連続で甲子園出場。阪神や楽天で捕手としてプレーした中谷仁監督(40)の下で野球理論を学んだ。「教わったものを継続して、数年後にうちの正捕手と争える選手になってほしい」(吉田スカウト部長)との言葉が球団の期待値の高さを表している。

 持ち味は遠投125メートルの強肩だけではない。名門の強力打線で4番も務め、高校通算34本塁打、甲子園12試合で打率3割3分3厘という打力も評価された。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング