1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. DeNA4連敗、Gと4差に 打線、斎藤を援護できず

DeNA4連敗、Gと4差に 打線、斎藤を援護できず

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2019年9月8日(日) 18:01

 プロ野球の横浜DeNAと中日ドラゴンズの22回戦は8日、ナゴヤドームで行われ、横浜が2―5で敗れた。横浜は4連敗で試合が中止になった首位・巨人とは4ゲーム差に開いた。

 プロ初先発の右腕・斎藤は最速148キロの直球とスライダーを軸に、5回1失点と好投。右肘クリーニング手術から復帰し、5カ月ぶりに1軍昇格した三上が六回から登板したが、3安打2四球で3点を失った。打線は中日の左腕・大野の力のあるストレートの前に11三振。九回にソトの2ランで2点をかえすのが精いっぱいだった。

 プロ初黒星を喫した斎藤だが、投球内容は上々で「ブルペンから調子が良く、ストレート中心の大胆な投球ができた」と振り返り、ラミレス監督は「思っていたよりもいいピッチングをしてくれた。もう一度先発として使いたい気持ちはかなりあるが、リリーフとして残ってもらう」と話した。

横浜DeNAベイスターズに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング