1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 再上昇へ打ちまくれ 黒星先行 苦戦の8月

番記者eyes
再上昇へ打ちまくれ 黒星先行 苦戦の8月

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2019年8月27日(火) 13:00

 21年ぶりの頂点を目指すベイスターズが、「天王山」と位置付ける8月、苦戦している。一時は首位巨人に0・5ゲーム差と肉薄したが、6ゲーム差まで水をあけられ、2位と3位を行き来している状況だ。今月は10勝12敗と黒星が先行。疲弊する投手陣も一因だが、主力野手の離脱や不振も響き、チーム打率は2割4分6厘とリーグワーストに低迷する。若手らの奮闘で4月以来の負け越しを阻止し、再び上昇ムードを生み出したい。

若き長距離砲 奮闘


主力選手の月別成績
主力選手の月別成績

 7月31日に伊藤光が左薬指剥離骨折のため出場選手登録を抹消。左有鉤骨(ゆうこうこつ)骨折の宮崎も8月8日にチームを離れた。筒香、ロペス、ソトに並ぶ「BIG4」の一人が欠けたことで、上位打線が流動化している。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング