1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. ベイ・楠本がプロ1号 代打逆転満塁弾

6月9日・西武戦
ベイ・楠本がプロ1号 代打逆転満塁弾

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2019年6月10日(月) 21:02

横浜DeNA6-4西武

西武
000 201 010|4
100 010 04X|6
横浜DeNA

【フルマーク】練習は裏切らない


8回。楠本が左中間へ逆転の満塁ホームランを放つ=横浜
8回。楠本が左中間へ逆転の満塁ホームランを放つ=横浜

 プロ第1号は、野球漫画さえ描かないような最高の場面で飛び出した。

 2点を追った八回2死満塁。代打楠本が西武の必勝リレーの一角を担う右腕ヒースに食らいつく。追い込まれてもファウルで粘り、「変化球が来たらアウトでもしょうがない」と、真っすぐを待った。

 7球目。151キロの直球を振り抜いた両手に確かな感触があった。打球は左翼上空へ。「頭を超えてくれ」。そう願った白球はフェンスを越え、起死回生のグランドスラムに今季最多の大観衆はお祭り騒ぎだ。

 プロ初アーチが代打満塁弾となったのは球団では1994年の鈴木尚典以来25年ぶり。代打逆転満塁弾でプロ1号を飾ったのは、1975年の久保俊巳(広島)以来、プロ野球史上2人目の快挙だ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜DeNAベイスターズに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング