1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 70年目のルーキー(7)伊藤裕季也 一発に宿るスター性

70年目のルーキー(7)伊藤裕季也 一発に宿るスター性

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2019年2月1日(金) 10:39

二塁の定位置奪取を狙う伊藤裕=横須賀市長浦町のベイスターズ総合グラウンド
二塁の定位置奪取を狙う伊藤裕=横須賀市長浦町のベイスターズ総合グラウンド

 昨年11月の明治神宮大会決勝。1点を追う八回1死一塁、立正大の主将・伊藤裕季也(22)は初球のストレートに狙いを定め、左翼席へ逆転2ランを放り込んだ。

 自らの一発でチームを栄冠へと導いたキャプテンは「何が何でも日本一になりたかった」。夏には大学日本代表としてハーレム国際大会優勝に貢献し、秋の東都大学リーグでは優勝決定戦で先制弾を放ってMVPを受賞。そして、ドラフト2位でのベイスターズ入り。伊藤にとって飛躍の一年になった。

 三重県四日市市出身で、中学時代は1学年上の東克樹と同じチームで活躍。卒業後は親元を離れて、東京・日大三高へ進学した。

 「甲子園に出るだけじゃなくて、優勝したかった」と高い志で上京したが、春夏3度の甲子園優勝を誇る名門で主力となった3年夏は西東京大会4強止まり。「練習は結構していたけれど、ただやっているだけ。口では『甲子園に行きたい』と言っても、今思えば全然本気じゃなかった」と振り返る。

 転機は当時東都大学リーグ2部だった立正大進学後。「(伊藤は)終わったんだ、と思われたくない」との思いで一心不乱に練習に打ち込んだ。

 「高校に行く時にみんなにすごく期待されて、『甲子園楽しみにしているね』と言われていたのに…。もっとできたと思える自分が恥ずかしくて、もう同じ思いはしたくなかった」。1年時から学年のまとめ役を務め、

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング