1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 70年目のルーキー(5)知野直人 苦節、野球愛の再燃

70年目のルーキー(5)知野直人 苦節、野球愛の再燃

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2019年1月30日(水) 10:35

走攻守三拍子そろい、キャンプ1軍メンバー入りとなった知野=横須賀市長浦町のベイスターズ総合グラウンド
走攻守三拍子そろい、キャンプ1軍メンバー入りとなった知野=横須賀市長浦町のベイスターズ総合グラウンド

 1年以上も遠ざかっていた「野球」が楽しかった。2017年7月14日。練習生を経てBC新潟に入団した知野直人(19)は、久々に実戦の舞台に立っていた。

 7番サード。4打数1安打の結果以上に投手と対戦できる喜びに浸った。「それまで全然『野球』をやれてなかった。だから試合は遊ぶみたいな感覚でした」

 豪雪地で育った少年は、知人の勧めで聖光学院高(福島)に一般受験で入学し、強豪野球部の門をたたいた。走攻守三拍子そろった好選手として1年秋と2年春に2桁の背番号を付けたが、その夏以降はベンチに入ることはなかった。

 「いろんなことがうまくいかず野球に集中できなくなった。地元に帰りたい」。最後の夏を終えると秋に自主退学した。ただ、実家に戻ると、諦めたはずの野球への思いが再燃した。

 女手一つで育ててくれた母・あゆみさんが背中を押してくれた。「やるならプロに入って恩返ししような」。高卒資格を得るために通信制の高校に転校し再起を誓った。

 BC新潟で練習生の間、「特別扱いなくらい教えてくれた」のが元楽天の草野大輔コーチだった。木製バットでの打球の飛ばし方や打球処理など基礎練習を繰り返した。

 地道な努力で選手契約を勝ち取ると、1年目は3割5分をマーク。2年目も69試合で28盗塁と俊足で鳴らした。

 苦節を経てたどり着いた最高峰の舞台。「足の速い右打者は戦力になれるはず。球界一の選手になりたい」。ドラフト指名で涙を流した19歳がダイヤモンドを駆け抜ける。

 ◆ちの・なおと 内野手。新潟県三条市出身。第一学院高-BC新潟。聖光学院高(福島)を自主退学したが、BC新潟で才能が開花。1年目は規定打席に届かなかったが3割5分をマークし勝負強い打撃を磨いた。50メートル6.0秒の俊足を生かした盗塁も武器の大型遊撃手。181センチ、81キロ。右投げ右打ち。背番号60。19歳。

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング