1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 沖縄キャンプに備え現地入り/ベイスターズ

沖縄キャンプに備え現地入り/ベイスターズ

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2010年2月1日(月) 00:06

歓迎セレモニーで花束を受け取る横浜・尾花監督(中央)=那覇空港
歓迎セレモニーで花束を受け取る横浜・尾花監督(中央)=那覇空港

横浜は31日、2月1日から沖縄・宜野湾市立野球場で始まる春季キャンプに備え、現地入りした。宜野湾でのキャンプは24年連続24度目。

尾花高夫監督と39選手は、午後2時ごろに那覇空港に到着。尾花監督は歓迎セレモニーで花束を手渡され、「沖縄で基礎固めをして、この地から新生ベイスターズを発進させたい」とあいさつした。

その後、宜野湾市内のホテルで全体ミーティングを行い、野手には、出塁率を高めるために選球眼を磨くことを要求。守備面では、昨季、両リーグワーストの1割8分1厘にとどまった盗塁阻止率の向上を課題に挙げ、投手にセットポジションからの投球練習を指示した。

尾花監督は「小さなところからほころびが出る。まずは投手陣を強化したい」と語った。

キャンプは2月28日までで、練習試合を4試合予定している。

【】

春季キャンプに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング