1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. コラム「フルマーク」/投手戦 明暗分けた1球

コラム「フルマーク」/投手戦 明暗分けた1球

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2009年9月28日(月) 16:07

ヤクルト戦に先発した横浜・三浦。7回3失点とまずまずの内容だったが、10敗目を喫した=神宮
ヤクルト戦に先発した横浜・三浦。7回3失点とまずまずの内容だったが、10敗目を喫した=神宮

三浦、石川の両エースが火花を散らした。そして、1球が明暗を分けた。

左右は異なれど、多彩な球種と緩急をつけてかわす技巧派。三浦は立ち上がりから絶妙な出し入れで的を絞らせず、五回までは3安打1失点。一方の石川も初回の1失点以降は、右打者には外へ沈み、左打者には手元に食い込むシンカーで徐々にリズムに乗りだす。

三浦の暗転はここから。六回、先頭打者を佐伯の痛い失策で出塁させると、カウントを取りにいった抜けたスライダーを青木に完ぺきに仕留められ、右中間へと運ばれた。

三浦は「打たれたから失投。相手とは何回も対戦している。球種も全部知られているし、読み合い。あそこは自分が踏ん張らないといけなかった」。自身最多タイの12勝に手を掛けていたが、石川より先にマウンドを降りた。

最下位は既に確定しているが、「そんなの関係ない。どんな状況でも強い気持ちでマウンドに上がっている。勝って順位が変わるわけではないが、勝ちたいと思うやつが球場に来るわけだし。負ければ悔しい」。

一発を浴びた直後、がっくりと肩を落とした。全力を尽くしたその姿を、誰も責められない。

【】

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング