1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. コラム「フルマーク」/ムード緩み踏ん張れず

コラム「フルマーク」/ムード緩み踏ん張れず

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2009年9月27日(日) 21:59

6点を失い7回途中で降板する横浜・三浦(左)=横浜
6点を失い7回途中で降板する横浜・三浦(左)=横浜

2点差の七回。先頭・谷の三塁ゴロをジョンソンが一塁へ悪送球して出塁させると、巨人は代走に鈴木を送り、早々と守備固めに入った。

三浦はそれまで3発を被弾しながらも闘志むき出しで抑えにかかっていた。走っても三回、一塁から三塁までヘルメットが吹き飛ぶほどの全力疾走。気持ちが伝わってきた。

七回の3失点はジョンソンの失策に続き、二盗阻止を狙った細山田の送球が大きくそれたのが引き金。弱いチームの典型的な崩れ方なのも、気分をより暗くさせる。

打線は主に直球、スライダーと球種の少ないゴンザレスを攻略できない。不調の吉村は、追い込まれた場面での打率1割台という数字通りに凡退を繰り返し、主軸でわずか3安打。ベストメンバーが組めない窮状とはいえ、この中に来季のスタメンを保障されている者がどれだけいるのか。チーム内競争さえ欠いたらもう終わりだ。

2005年8月以来の巨人戦白星はまたもお預けとなった三浦は「なかなか結果を出せない自分に悔しい。失策絡み? それは関係ない。踏ん張り切れずに追加点をやってしまった」と潔く現実を受け止める。

現場の弛緩(しかん)した空気に覇気のなさ。エースの口にする敗戦の弁が、虚空に吸い込まれた。

【】

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング