1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 内川、打率トップに/阪神戦から

内川、打率トップに/阪神戦から

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2009年9月27日(日) 21:00

◆田代監督ひと言

「ランドルフは悪いなりに何とか踏ん張ってくれた。(3安打の)内川は大したものだ。去年も終盤で(打率を)競って、プレッシャーの中でやっていた。山崎は自信になるだろう。石川は左ふくらはぎの張りで大事をとって休ませた」

◎ 内川、打率トップに

戦列復帰2戦目の内川が止まらない。三回2死満塁の絶好機に、走者一掃の3点三塁打。その後も打ちまくり、3安打猛打賞。打率3割2分5厘で再びリーグトップに躍り出た。

復帰戦の前夜(11日)にいきなり2安打1打点と存在感を示した。杉村打撃コーチは「内川に回せという形ができた」と話した。

内川は「打席でいい意味で割り切れている。ボールに対してバットが素直に出ている。チームの勝利に貢献できてうれしい」と話した。

(甲子園)

◎ 猛虎打線いなす

ランドルフが、3位浮上を狙って前掛かりになる猛虎打線をいなし、7回6安打2失点で3勝目を飾った。

持ち味のスライダーで内角を強気に突くスタイルはこの日も同じ。四、五回の窮地は、いずれも最少失点。六、七回は併殺で切り抜けるなど、バックの好守にも助けられた。

来日5試合で3勝1敗。来季の残留も見えてきた。ランドルフは「今日は初めて投げる甲子園のマウンドで、序盤は慣れるのにてこずってしまった。ピンチを招いても、今日はチェンジアップが自分を救ってくれた」と振り返った。

(甲子園)

【】

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング