1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 田代監督代行「ランドルフは踏ん張ってくれた」/中日戦から

田代監督代行「ランドルフは踏ん張ってくれた」/中日戦から

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2009年9月27日(日) 20:01

◆田代監督ひと言

「ランドルフは際どいボール判定にいらいらしていたけれど何とか踏ん張ってくれた。来年は期待大。打線はいいつながりだった。あとは若いピッチャーだな。昨日も言ったけれど高宮のボールの切れがよかった」

◆選手ひと言

佐伯(四回に3点目の10号ソロ)ファウルで粘っていろいろな球を見られたことが大きい。最後はしっかり上からたたけた。

金城(四回1死満塁から4点目の左前適時打)チャンスだったので積極的に自分のバッティングをしようという心構えで打席に入った。その気持ちがいい結果につながったと思う。

◎ 納得の7回1失点

ランドルフが7回を投げ3安打1失点の好投で、4勝目を挙げた。

二回に四球と安打で無死一、三塁としたが、後続を遊ゴロ併殺に打ち取り、失点はその間に入った1点のみ。四回は1死後に連続四球でピンチを招いたが、その後は直球と変化球のコンビネーションで連続三振に仕留めた。

来日初登板で黒星が付いて以降、4連勝。四球癖があるものの、チェンジアップを有効に投じている。「序盤はリズムが乱れたけれど立ち直れた。ドラゴンズ打線は気が抜けないので、一人一人気を付けて投げた」と納得していた。(ナゴヤドーム)

◎ 内川「流れつくった」

首位打者争いを続けている内川は3打数1安打。打率を現在、トップのラミレスと4厘差の3割2分2厘とした。

初回は1死二塁の場面で打席に立ち、カウント1-1から外角のスライダーを中前にはじき返した。得点圏打率は一時、2割台前半に落ち込み「打率がなくなってしまう」と気にしていたが、3割に乗せてきた。「毎打席いい結果を出すことだけ考えている。流れをつくれてよかった」と振り返る。

残り試合が少なくなり、一打席一打席の重みが増してくるが「最終的に一番になればいい。今はどうのこうの考えることはない」と冷静に語った。(ナゴヤドーム)

【】

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング