1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 横浜DeNA:防御率1点台を、加賀が課題の左打者対策に汗

横浜DeNA:防御率1点台を、加賀が課題の左打者対策に汗

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2013年1月17日(木) 22:44

昨季は自己最多の61試合に登板した加賀=横須賀市長浦町のベイスターズ総合グラウンド
昨季は自己最多の61試合に登板した加賀=横須賀市長浦町のベイスターズ総合グラウンド

横浜DeNAの加賀繁投手(27)が17日、横須賀市長浦町のベイスターズ総合グラウンドで自主トレーニングに励んだ。小林太志投手(29)らとともにキャッチボールやノックなどのメニューをこなした。

加賀は昨季、中継ぎの柱として自身最多の61試合に登板。4年目のシーズンを迎え、「防御率1点台を目指したい」とさらなる飛躍を誓う。

「中継ぎには加賀がいる」。ブルペンの柱に寄せる中畑監督の信頼は昨シーズン、絶大だった。

自己最多61試合でリーグ4位タイの26ホールド。これまで3点台だった防御率も2・86に改善した。だが、本人はもちろん満足していない。「リリーフなのだから1点台を目標にしないと」

課題は左打者対策だ。昨年5月31日のソフトバンク戦で2-0の八回から救援したが、左の長谷川に内野安打を浴びると、続く松中には四球。これが2失点につながり、リードを帳消しにした苦い思い出がある。

右打者からの被打率が1割台なのに対し、左打者からは4割近い。春季キャンプの実戦形式では、多く左打者と対(たい)峙(じ)できるよう首脳陣に直訴するつもりで、「今ある球種でいろいろと試していきたい」と意欲的に言う。

「昔から黙々と練習をする人。大学でもみんな加賀さんに憧れていた」。上武大で後輩だった井納(NTT東日本)は先輩をこう評する。

「1年間1軍のポジションを守りきりたい」。ことしも努力を怠らず、加賀は4年目のマウンドに向かう。

【】

中畑清(野球)に関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング