1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. DeNA上茶谷、4勝目ならず CSへアピールも3失点

9月27日・中日戦
DeNA上茶谷、4勝目ならず CSへアピールも3失点

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2022年9月27日(火) 23:20

横浜DeNA8-3中日

6回、2死満塁のピンチを切り抜けた横浜DeNAの上茶谷(立石 祐志写す)

 DeNAの上茶谷は6回8安打3失点で4勝目に届かず。直球主体で一、二回は三者凡退と絶好の滑り出しだっただけに、悔やまれるのはリズムを崩した中盤の投球だ。

 1─2とした直後の四回。痛恨は先頭の主砲ビシエドへの2球目だ。高めに浮いた147キロを左翼席最前列へ運ばれ、「点を取ってもらった後の本塁打は、勢いを止めてしまうので良くなかった」とうなだれた。

 順位こそ確定したが、クライマックスシリーズに向けて重要な登板だった。「1年目は中継ぎで入ったが、やはり先発で投げたい」とアピールに躍起となっていただけに、もどかしさが募る。

 それでも、六回2死一、二塁で土田にこの日最速となる149キロを外角低めに投じて見逃し三振を奪うなど、クオリティースタート(6回以上を自責点3以下)で最低限の役目は果たした。

 4年目右腕は「得点圏に走者を置いた状況での投球を課題に取り組みたい」と先を見据えた。(藤江 広祐)

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング