1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. DeNAドラ1小園が実戦初登板、2軍で1回無失点

DeNAドラ1小園が実戦初登板、2軍で1回無失点

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2022年8月4日(木) 17:40

2軍の楽天戦で実戦初登板したDeNA・小園=横須賀(球団提供)

 横浜DeNAのドラフト1位新人、小園健太投手(19)が4日、横須賀スタジアムで行われたイースタン・リーグ楽天戦でプロ入り後初めて実戦登板を果たした。5番手として七回1イニングを投げ、11球で三者凡退に打ち取った。最速は147キロだった。

 映像で投球を確認したという三浦監督は、「内容どうこうではなく、ファームとはいえプロの公式戦にデビューできたことが良かった。次のステージに上がったと思う」と話した。

 小園は市和歌山高から入団し、春季キャンプで1軍入り。新型コロナウイルスの濃厚接触者疑いで出遅れたが、ブルペンに2度入り、武器である力強い直球でアピールした。キャンプ終了後はファームに合流。球団の育成方針に沿ってトレーニングを積み、フォーム固めに注力してきた。

3人シャットアウト 堂々デビュー

 堂々のデビューだ。ドラフト1位ルーキーの小園が実戦初登板を果たし、打者3人をシャットアウト。「マウンドに上がるまでは緊張していたが、リリーフの皆さんが励ましてくれたので気持ち良く投げられた」と初々しく振り返った。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング