1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. DeNAドラ1小園「愛される選手に」 描く夢は日本代表

DeNAドラ1小園「愛される選手に」 描く夢は日本代表

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2022年1月1日(土) 11:00

横浜DeNAにドラフト1位で入団したルーキー小園健太=横浜市内のホテル(花輪 久写す)

 ベイスターズの未来を背負う覚悟だ。プロ野球の横浜DeNAにドラフト1位で入団したルーキー小園健太投手=市和歌山高=が、現役時代に三浦監督が付けていた栄光の背番号「18」を受け継いだ。「ゆくゆくはチームを背負って立つ投手になりたい」。プロ通算172勝を挙げた指揮官の熱き思いを受け止め、日の丸の付いたユニホームをまとう大きな夢も描く。

 チームは2021年、6シーズンぶりの最下位に終わったが、同年10月のドラフト会議で三浦監督が希望の光をつかみ取った。阪神との競合の末に、高校ナンバーワン投手の呼び声高い小園の交渉権を獲得した。

 新たな世界に飛び込む心境を問われ、18歳の右腕は書道10段の腕前で「謙虚」と披露し新春の誓いを立てた。「皆さんから愛される選手にならないといけないので、謙虚な気持ちを忘れずにやっていきたい」。球団の低迷期でも横浜一筋を貫き、ファンから「ハマの番長」と愛された指揮官のように、チームを照らす存在となる。未来のエース候補がプロ1年目への思いを明かした。

【以下、小園投手の一問一答】

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング