1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. DeNA最終戦も大敗 54勝73敗16分で2021年終了

10月28日・広島戦
DeNA最終戦も大敗 54勝73敗16分で2021年終了

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2021年10月28日(木) 23:47

横浜DeNA0-7広島

 横浜DeNAの今季最終戦が28日、マツダスタジアムで行われ、0─7で広島に敗れ、54勝73敗16分けの最下位に終わった。ルーキー牧は3打数2安打で今季の通算安打を153安打まで伸ばし、1958年の長嶋茂雄(巨人)に並ぶ新人歴代5位とし、球団新人記録を大幅に更新する打率3割1分4厘となった。

 就任1年目の三浦監督はシーズンを振り返り、「悔しい。一言では表し切れない。投手も野手ももっとできる選手たち。うまく発揮できなかったのは申し訳なかった」と頭を下げた。

横浜DeNA
000 000 000|0
000 007 00X|7
広島

 【評】広島は六回に坂倉の適時打、代打鈴木誠の適時打、会沢の2点適時打、西川の2点適時打など打者12人で一挙7点を奪った。大瀬良が6安打で今季初完投を2年ぶりの完封で飾り10勝目。

 横浜DeNAは京山が六回途中7失点と崩れた。

【フルマーク】ヤクルト、オリックスのように

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

京山将弥(野球)に関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング