1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 「来年こそ横浜一心」DeNA本拠地最終戦に1万4747人

10月26日・ヤクルト戦
「来年こそ横浜一心」DeNA本拠地最終戦に1万4747人

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2021年10月27日(水) 05:00

「ウィング席」にも観客を入れて行われた本拠地最終戦=横浜スタジアム(花輪 久写す)

 プロ野球・横浜DeNAベイスターズの本拠地最終戦が26日、横浜市中区の横浜スタジアムで行われた。観客席を埋めた1万4747人のファンは、下位に低迷する苦しいシーズンを過ごした選手たちに最後まで温かい拍手を送った。

 三浦大輔監督(47)の就任1年目は開幕ダッシュに失敗し、そのまま巻き返せなかった。同市港南区の会社員設楽正巳さん(60)は「外国人選手の来日が遅れた影響もあるだろうけど、(成績は)残念だった」と悔しさをにじませる。ファン歴約30年という同市南区の冨田三美さん(52)は「来年こそ『横浜一心』で、優勝パレードが見たい」と、1998年以来の悲願をナインに託した。

 新型コロナウイルスの制限緩和に向けた「ワクチン・検査パッケージ」の技術実証も行われ、ワクチンの2回目接種から14日間経過するなどの条件に当てはまる人もウィング席で観戦した。2年ぶりの来場という同市金沢区の主婦塩田道代さん(73)は「自粛していたが、(実証は)安心感がある」と話した。

 一方で、これまで通り拍手のみの応援スタイルは継続。同市保土ケ谷区の大学生木戸帆夏さん(20)はかつての観戦風景が戻ることを願った。「また声を出して応援したい」(中西 悠)

両サイドウイング席に観客を入れて行われたヤクルト戦=横浜(花輪 久写す)
花火で締めくくった本拠地最終戦=横浜(花輪 久写す)

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング