1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 九回山崎、7球で無念の降板 オスナに2ラン被弾

9月30日・ヤクルト戦
九回山崎、7球で無念の降板 オスナに2ラン被弾

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2021年10月1日(金) 07:00

横浜DeNAの山崎選手(資料写真)

横浜DeNA7-6ヤクルト

 守護神に返り咲いた山崎が、3試合連続でゲームを締められなかった。7─4の九回、先頭村上をストレートの四球で歩かせると、続くオスナに1点差に迫られる2ランを被弾。三浦監督がたまらず三嶋にスイッチし、わずか7球で無念の降板となった。

 4失点して敗戦投手となった9月26日の広島戦、29日のヤクルト戦に続いてセーブ機会での失敗。三浦監督は「あの展開なので代えました」と表情を険しくさせた。(神宮)

山崎康晃(野球)に関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング