1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. DeNA東、2年ぶり「やってやるぞ」 満を持して1軍先発

DeNA東、2年ぶり「やってやるぞ」 満を持して1軍先発

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2021年9月28日(火) 07:30

復帰戦に向けてキャッチボールで調整する東=横須賀市夏島町の2軍施設「DOCK」(球団提供)

 昨年2月に左肘内側側副靱帯(じんたい)の再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けた横浜DeNAの東克樹投手(25)が、28日のヤクルト戦(神宮)で先発する。2019年8月23日の巨人戦以来、767日ぶりのマウンドに向けて「1軍は素晴らしい場所。ここでプレーしてこそのプロ野球選手。やってやるぞという強い気持ちが湧いている」と意気込んだ。

 4年目左腕は24日から1軍に合流しており、登板前日の27日は横須賀市夏島町の2軍施設「DOCK」でキャッチボールや短い距離のダッシュで調整した。木塚投手コーチは「東らしいストレートと、以前のように打者と勝負する姿を見せてほしい」と期待した。

 東は1年目の18年に11勝を挙げて新人王に輝いたが、翌19年は左肘痛から7試合の登板にとどまり、20年2月に手術を受けた。今年7月11日のイースタン・リーグのロッテ戦で実戦復帰。ここまで2軍で7試合に登板し3勝0敗、防御率1.95と安定した成績を残していた。(小林 剛)

【一問一答】心の支えは健二朗さん

 地道なリハビリから今春のキャンプでのブルペン入り、2軍での実戦復帰と一歩ずつ段階を上がってきた東。2年に及ぶ復帰までの道のりについて感慨深げに語った。

 ─険しい歩みだった。

 「長かったような、早かったような。ただ、僕にとってはすごく必要な期間だった。2年間やってきたことを結果として出せたらいい」

 ─必要な期間とは。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング