1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. DeNA牧、サイクル安打達成 新人でプロ野球史上初の快挙

8月25日・阪神戦
DeNA牧、サイクル安打達成 新人でプロ野球史上初の快挙

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2021年8月26日(木) 00:53

3回横浜DeNA2死一、三塁、牧が右中間に3ランを放つ=京セラドーム(共同)

 横浜DeNAのドラフト2位新人の牧秀悟内野手が25日、京セラドーム大阪で行われた阪神20回戦でサイクル安打を達成した。

 新人のサイクル安打は2019年のオールスター戦で阪神の近本光司外野手が達成しているが、レギュラーシーズンではプロ野球史上初の快挙となった。

 サイクル安打は19年4月9日に阪神の梅野隆太郎捕手が達成して以来で、プロ野球史上75度目(70人)、セ・リーグでは40度目(37人)。横浜DeNAでは18年7月20日の桑原将志外野手以来となった。

 牧は二回に右翼フェンス直撃の二塁打、三回に右中間へ3ラン、四回に中前へ2点適時打を放ち、九回に右翼線への三塁打を記録して達成した。

横浜DeNA10-2阪神

横浜DeNA
023 300 011|10
002 000 000|2
阪神

 【評】横浜DeNAが大勝。二回に大貫の2点打で先制し、三回には牧が14号3ラン。四回にも牧の2点打と伊藤光の適時打で3点を加えた。牧は九回の三塁打でサイクル安打達成。大貫は6回3安打2失点で4勝目。阪神は伊藤将が3回5失点。

【フルマーク】記録ずくめの一戦に

 九回無死。右翼線へフラフラと飛球が舞い上がる。「ファウルか、アウトかな」。それでも打者の牧は走塁スピードを緩めない。フェアゾーンぎりぎりでポトリと落ちると「いける」。迷わず二塁ベースを蹴って三塁に到達すると、ベンチに向かって小さく拳を握った。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

牧秀悟(野球)に関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング