1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. ベイスターズ前半戦(上)投手編 長く投げられない先発陣

ベイスターズ前半戦(上)投手編 長く投げられない先発陣

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2021年7月16日(金) 17:30

後半戦も先発枠の一角として活躍が期待される21歳の阪口

 三浦監督率いる横浜DeNAは31勝44敗11分けの最下位で前半戦を終えた。交流戦以降は貯金に成功したものの、開幕当初の大型連敗が尾を引いた。課題が浮き彫りとなった投打の戦いぶりを振り返り、後半戦を展望する。

 「4・80」。先発陣の1試合平均投球イニングが5回に届かないという不名誉な数字が刻まれた。DeNAが球団を保有した2012年以降、シーズンを通して「5」を下回った年は一度もない。

阪口、坂本が明るい材料

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング