1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. DeNA・東、688日ぶり実戦復帰 2軍戦で2回無失点

DeNA・東、688日ぶり実戦復帰 2軍戦で2回無失点

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2021年7月11日(日) 21:27

横浜DeNAの東投手(資料写真)

 靱帯(じんたい)の再建手術(通称トミー・ジョン手術)からの復活を目指す横浜DeNAの東克樹投手(25)が11日、ファームのロッテ戦(バッティングパレス相石スタジアムひらつか)で先発し、2回無失点だった。実戦は2019年8月23日の巨人戦(東京ドーム)以来、688日ぶり。

 初回は1安打を許すも鳥谷から見逃し三振を奪った。二回は宝刀チェンジアップを決め球に3者連続三振と圧巻の投球だった。34球を投げ終えた左腕は「無事に2イニングを投げ切れてホッとしている。長い長いリハビリがあり、一喜一憂しながらもこの日を迎えられてうれしい。久しぶりの登板で野球を楽しめた」と振り返った。

新人王、2年目は故障で4勝

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング