1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. ベイスターズ坂本、制球難で4回降板「リズム悪くした」

7月6日・広島戦
ベイスターズ坂本、制球難で4回降板「リズム悪くした」

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2021年7月7日(水) 00:05

横浜DeNA4-2広島

横浜DeNA・坂本(資料写真)

 制球に苦しんだ横浜DeNAの先発・坂本が4回を6安打2失点で降板。毎回のように出塁を許し、流れを引き寄せることができなかった。

 我慢の投球を続けていたが、三回に先頭菊池涼からの3連打で2点を先制された。その後も、同点の四回2死から投手の大瀬良を歩かせるなど、ボール先行の投球を立て直せなかった。

 降板後、ベンチで木塚投手コーチと話し込んだ坂本は「初回から三回まで先頭を出し、リズムを悪くしてしまった」と反省を繰り返した。

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング