1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 横浜DeNA 6日から前半戦最終盤 Aクラスへ足がかりを

横浜DeNA 6日から前半戦最終盤 Aクラスへ足がかりを

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2021年7月6日(火) 07:30

敵地での9連戦初戦となる6日の広島戦に先発する横浜DeNA・坂本=横須賀市夏島町の2軍施設「DOCK」(球団提供)

 プロ野球は東京五輪による中断前の前半戦最終盤の戦いがスタート、セ・リーグ5位の横浜DeNAは6日から広島、中日、阪神とのビジター9連戦に臨む。4位とはわずか1ゲーム差。Aクラス入りへの挑戦権を得るための大事な長期ロードとなる。

 6月は12勝8敗2分けと、月間で初めて貯金に成功した三浦ベイ。7月も巨人との2試合で1勝1敗と互角のゲームを演じている。

 親会社が代わった2012年以降、Aクラス入りしたのは16、17、19年の3度。いずれも7月は勝ち越している。この9連戦はチームの今季を左右すると言っても過言ではないだろう。

 リーグトップのチーム打率2割6分2厘を誇る一方、チーム防御率は最下位の4・65から抜け出せていない。成績の安定には、先発投手の働きがやはり必要だ。

ここまでのベイスターズ

 6日に先陣を切ってマウンドに上がるのは、ここまで2勝の坂本。2年目左腕は「とにかくチームが勝てるようにとの気持ちで頑張りたい」と闘志を燃やす。

 ファームからの突き上げもほしい。木塚投手コーチは「9連戦中に2軍から昇格してというゲームは数試合あると思う。有吉君も入ると思う」と話し、6月にロッテからトレードで加入した右腕の起用を示唆する。

 有吉は移籍後、イースタン・リーグで2試合に先発登板。6月29日の西武戦は5回6失点で黒星がついたが、同コーチは「両コーナーを丁寧に突く印象。今後は長打を防ぎながら彼のスタイルを生かしてほしい」と期待を口にする。

 9連戦を終えれば1カ月の中断期間に入る。同コーチは「9連戦はチャンス。『やるのは俺だ。後半戦は俺が投げるんだ』とアピールしてチャンスを取りにいってほしい」と奮起を促した。(中西悠、松村祐介)

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング