1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 契約更新、盟友オースティン… DeNAソト、胸中を語る

契約更新、盟友オースティン… DeNAソト、胸中を語る

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2021年6月22日(火) 05:05

 そのパワフルなスイングで、大好きな横浜の空にアーチを描いてきた。2度の本塁打王の実績を誇り、来日4年目を迎えたネフタリ・ソト内野手(32)。調子を上げてきたスラッガーが昨オフに新たな3年契約を結んだ背景や、親交を深めているタイラー・オースティン外野手(29)との関係を語った。(聞き手・小林 剛)

ソト=5月25日、横浜(立石 祐志写す)

 ─今シーズンはコロナ禍で来日が遅れ、調整が不十分な状況で1軍に合流した。

 「春季キャンプ、オープン戦に出られなかったし、最初は寒さもあったので苦労した。家族、奥さんが日本に来られないことにも難しさを感じる。ただ、コントロールできないことを嘆いても仕方がない。ここまでは自分でできることに集中してきた」

 ─試合を重ねるごとに調子が上がってきたように見える。

 「交流戦ではタイミングの取り方をつかみ、コンディションも良くなった。野球なので調子の波は出てくるが、オフシーズンから取り組んでいるエクササイズも続けているので、シーズンを通して活躍できるよ」

 ─昨オフには他球団からのオファーもあったと聞いたが、横浜でプレーすることを決断した。

 「横浜という街、チームが大好きだからね。僕だけではなく妻も横浜の街が好きで、すごく居心地がいいんだ。2人で横浜に残ろう、と。優勝という目標にも届いていないし、このチームとファンは優勝に値すると思っている」

オースティン(左)と行動を共にし、よく笑顔を見せているソト

 ─愛する妻マリアムさんの来日がかなわない。寂しくないか。

 「プエルトリコにいる妻とは毎日電話している。彼女にとっても自分といられないのはつらいこと。コミュニケーションを取ることで互いを支え合えるし、自分たちができることをやっている」
 
 ─今季はオースティンと行動を共にすることが多い。

 「彼がすごいバッターということは去年で証明できている。人としても素晴らしい。いつも一緒に球場へ行くし、本当に学ぼうとする姿勢がある。そして自分も彼から学ぶことがある。野球以外の話もするよ。いい関係を築いている」

 ─去年まで在籍していたロペスのように、教えることもあるのか。

 「チャモ(ロペス)からはいろんなことを教えてもらった。僕だけではなく、エスコバーも助けてもらった。彼はベテランだったが、自分はまだその意識はない。オースティンとは同い年のような気持ちだし、大和もきっとそう思っているよ。みんなで支え合い、助け合っているよ」

 ─チームは序盤に苦しんだが、交流戦で盛り返した。残りのシーズンで巻き返しを図る。

 「自分たちが戦えるチームだと証明できた。交流戦の戦い方を続ければ、シーズンが終わった時にいいポジションにいられる。そうなれば、どう始まったかは多くの人が絶対に忘れる。どう終わるかが何よりも大事だし、この勢いのままいきたい」

【横浜DeNA-ロッテ】
【横浜DeNA-ロッテ】

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング