1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. DeNA初代主将・石川氏、引退セレモニーで「夢かなえて」

DeNA初代主将・石川氏、引退セレモニーで「夢かなえて」

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2021年6月6日(日) 00:40

場内を一周する前にベンチに向かっておどける石川氏=横浜

 昨季限りで横浜DeNAを自由契約となり、現役を退いた石川雄洋氏の引退セレモニーが5日、ロッテ戦後に行われた。「この横浜で優勝したかった。でも、この夢はここにいる素晴らしいメンバーがかなえてくれると信じている」。そうあいさつし、16年間のプロ野球生活に区切りを付けた。

 2004年に地元の横浜高からドラフト6巡目で入団。親会社がDeNAに変わった12年から初代主将を務めるなど活躍した。セレモニーでは恩師である元横浜高監督の渡辺元智氏や、高校時代のチームメートで楽天の涌井らがVTRで出演。多くの選手らからねぎらいの言葉が送られた。

 最後は、慣れ親しんだ横浜スタジアムのグラウンドを一周。スマートフォンをスタンドに向けた石川氏は「もうグラウンドからこういう光景は見られないんだな。声援を送ってくれた人の歓声を忘れることはない」と語った。

 6日には新たな挑戦としてアメリカンフットボール日本社会人Xリーグのノジマ相模原に合流する。「石川雄洋らしく一生懸命、楽しく生きていきたい。少しでも興味を持って応援してください」。支えてくれたファンの声援を心に刻み、次の舞台へ飛び込んでいく。(小林 剛)

【石川雄洋氏の引退セレモニー 写真をもっと見る】

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング