1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. DeNA代打・倉本、勝ち越し2点打 今季ヤクルト戦初勝利

5月1日・ヤクルト戦
DeNA代打・倉本、勝ち越し2点打 今季ヤクルト戦初勝利

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2021年5月1日(土) 22:36

横浜DeNA10-2ヤクルト

【横浜DeNA-ヤクルト】6回横浜DeNA2死満塁。中前に勝ち越しの適時打を放つ代打倉本=横浜(花輪 久写す)

ヤクルト
002 000 000|2
100 102 60x|10
横浜DeNA

 【評】横浜DeNAが今季ヤクルト戦8試合目で初勝利した。2─2の六回に代打倉本の2点適時打で勝ち越し、七回に宮崎と嶺井の2点適時打などで6点を加えた。3番手のエスコバーが今季初勝利。ヤクルトは3失策と要所で守備が乱れた。

【フルマーク】腹くくり「初球からいくぞ」

 4月4日以来、勝利がないハマスタの雰囲気を一振りで変えた。

 2─2の六回2死満塁。代打倉本のバットが近藤の初球、156キロのシュートを捉えた。鋭い打球が二遊間を抜けていく。「昨日、同じ相手にやられた。絶対にやり返す」。勝ち越しの貴重な2点打だ。

 ベンチに向かって何度も右拳を突き上げた背番号5を、雨上がりの日差しが照らした。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング