1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 冒頭「申し訳ない」開幕不振に球団代表、外国人入団会見で

冒頭「申し訳ない」開幕不振に球団代表、外国人入団会見で

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2021年4月19日(月) 23:02

入団会見でポーズを取る横浜DeNAのロメロ(右)と三原代表=横浜市中区の球団事務所(球団提供)

 横浜DeNAの三原一晃球団代表が19日、チームが開幕ダッシュに失敗したことについて陳謝した。

 同日にあった新外国人選手の入団会見の冒頭で、3勝15敗3分けでセ・リーグ最下位に低迷していることに自ら触れ、「連敗の最も大きな原因は外国人選手の入国が遅れたこと。新任の三浦監督に戦力と環境の両面を整えることがわれわれの仕事だが、それができていない。大変申し訳なく思っている」と語った。

 横浜DeNAは今季10人の外国人選手と契約したが、新型コロナウイルス感染拡大の影響などで来日できず、12球団で唯一開幕までに外国人選手が合流できなかった。現在、ソトとオースティンは出場選手登録され、エスコバーは18日の2軍戦で初登板し、近日中に1軍に加わる見込みだ。

 三原代表は「ファンの声援は選手にしっかり伝わっている。外国人選手が合流してチームの力になれば、状況は良くなってくる」と期待した。(小林 剛)

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング