1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 三浦DeNA、お待たせ初白星 4年目阪口がプロ初勝利

4月4日・広島戦
三浦DeNA、お待たせ初白星 4年目阪口がプロ初勝利

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2021年4月4日(日) 18:50

今季初勝利を果たした横浜DeNAナイン

 プロ野球の横浜DeNAベイスターズは4日、横浜市中区の横浜スタジアムで広島東洋カープを3―1で破り、今季9試合目で三浦大輔新監督(47)の就任後初白星を挙げた。

 先発した4年目の阪口皓亮投手(21)が5回無失点の好投でプロ初勝利。今シーズン初めて1番で起用された神里和毅外野手(27)が三回に先制ソロ本塁打を放つなど、攻守で活躍した。

 チームは開幕から球団ワーストタイとなる6連敗(2分け)を喫していた。(松村 祐介)

「やっと勝てた」雨中のファン、初勝利に歓喜

雨に濡れながら、今季初勝利を喜ぶ横浜DeNAベイスターズのファン=横浜市中区の横浜スタジアム

 「やっと勝てた」─。プロ野球の横浜DeNAベイスターズが4日、今季初勝利を挙げた。開幕から9戦目、待望の瞬間に本拠地の横浜スタジアム(横浜市中区)は沸き、ファンからは喜びの声があふれた。

 クローザーの三嶋一輝投手が最後の打者を打ち取ると、総立ちのスタンドから拍手が降り注ぐ。背番号18のユニホーム姿で友人3人と喜びを分かち合った茅ケ崎市の教員の男性(25)は「今年はいつ勝つのかと思った。現役時代からずっと好きだった三浦(大輔)監督の初勝利はうれしい」と実感を込めた。

 チームは開幕から2分けを挟んで6連敗と苦しんだが、横浜大洋ホエールズ時代から応援する東京都内の会社員の男性(46)は「負けるのは慣れていた。きょうの勝ちが楽しみだった」と素直に喜ぶ。

 「番長が笑った」。試合後、三浦監督に笑顔が戻ると、東京都江戸川区の女性(28)は思わず涙したという。「ずっとつらい顔をしていたので。きょうはゆっくり休んでほしい」とねぎらった。

 もちろん1勝では物足りない。ファンが待ち望むのは23年ぶりのセ・リーグ制覇と日本一だ。横浜市青葉区の会社員の女性(32)は「ここから連勝ね」と気勢を上げた。(泉 光太郎)

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング