1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 「優勝を」球場で、街で、ファン歓喜 コロナ対策徹底

横浜DeNA本拠地開幕戦
「優勝を」球場で、街で、ファン歓喜 コロナ対策徹底

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2021年3月30日(火) 22:22

本拠地開幕戦に駆け付けた横浜DeNAベイスターズファン=横浜市中区の横浜スタジアム(花輪久写す)

 今季こそ優勝を─。プロ野球の横浜DeNAベイスターズが本拠地・横浜スタジアム(横浜市中区)の開幕戦を迎えた30日、球場で、街で、ファンが球春到来を喜んだ。コロナ禍で迎える2シーズン目。徹底した感染対策がとられる中、待ちわびた地元初戦に熱い視線を送った。

 青い人波がハマスタに戻ってきた。試合開始を待ちきれないファンがユニホーム姿で詰めかけた。

 フェースシールドとマスク姿のスタッフが誘導し、入場時に消毒と検温を呼び掛ける。トイレや球団公式ショップに二酸化炭素濃度測定器を設置し、コンコースには気流促進ファンを新設した。

本拠地開幕戦に駆け付け、検温テントに並ぶ横浜DeNAベイスターズファン=横浜市中区の横浜スタジアム(花輪久写す)

 観客を入れての本拠地開幕戦は2年ぶり。在宅勤務を切り上げて来場した横浜市港北区の大越敏夫さん(32)は「昨年のような無観客試合を心配したが、観戦できて良かった。大声を控えながらも楽しみたい」。三浦大輔新監督の大ファンという川崎市川崎区の宮本昭江さん(35)は「新しいベイを見せてほしい。優勝を」と顔をほころばせた。

 入場者は1万人に制限。ファンは周辺の飲食店でテレビ観戦を楽しんだ。

本拠地開幕戦に駆け付けた横浜DeNAベイスターズファン=横浜市中区の横浜スタジアム(花輪久写す)

 スポーツカフェ「ヤンキイス」では横浜市港北区の家田巧受さん(52)が「テレビでも球場の音を聞くだけでウキウキしてくる」。同区の伊佐見孝夫さん(69)は「野球はいいね。生きている間にもう一回優勝を見たい」と破顔した。

 同店も感染対策を徹底する。店長の石野妙子さんは「ベイスターズに勝ち続けてもらい、お客さんを呼び込んでほしい」と期待を寄せた。

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング