1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. ハマスタ開幕「勝つことが全て」 先発・大貫は気合十分

ハマスタ開幕「勝つことが全て」 先発・大貫は気合十分

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2021年3月30日(火) 05:00

本拠地開幕戦での先発に備え、調整に汗を流す横浜DeNA・大貫=横浜

 待望の今季初勝利は、昨季勝ち頭の右腕に託された。30日の本拠地開幕戦で先発するのは大貫晋一投手(27)。「僕もチームもまず一つ勝つことが大きな一歩になる。しっかり仕事をして(三浦)監督にウイニングボールを渡したい」と気合をみなぎらせた。

 横浜スタジアムでのオープニングゲームを控えた29日、投手陣の指名練習に参加した大貫はドラフト1位ルーキーの入江と軽めのキャッチボールで体を動かした。「初登板で不安は多少あるけど、ワクワクした気持ちが強い。重圧? 特に感じていないです」

 状態の良さがそう言わせる。シーズンイン前の最終登板となった23日、ロッテとの練習試合は5回3安打無失点。直球に力があり、巧みな制球で打たせて取る本来の投球術を見せたのが何よりの証左だろう。

 1─1で引き分けた28日の巨人戦、仲間の奮闘に刺激を受けた。先発した平良は負傷降板するアクシデントに見舞われるも、5回まで完全試合ペース。4人のリリーフ陣も踏ん張った。「平良も他の投手もすごく攻めていた。僕もその波に乗っていけたら」と話す。

 対するのは、開幕カードで3連敗し、勝ち星がないヤクルト。昨季10勝を挙げた背番号16は4戦3勝負けなし、防御率1・99とお得意様にしているが、「強力打線で切れ目がない。無駄な走者を出さないようにしたい」と警戒を怠らない。

 外国人選手が不在の中で打線は健闘しているものの、3試合で本塁打は1本。やはりスターターのマウンドでの出来が勝敗を大きく左右する。

 「勝つことが全て。先発投手として責任を果たしたい」。今季初のハマスタで、お立ち台に上がる準備はできている。(松村 祐介)

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング