1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 仁志2軍監督インタビュー(下) 「期待と厳しい目で見る」 

2021春季キャンプ
仁志2軍監督インタビュー(下) 「期待と厳しい目で見る」 

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2021年2月28日(日) 05:00

 就任1年目の春季キャンプを終えた仁志敏久2軍監督は、現役時代や引退後の学びが自身の指導方針に生きていると語る。(聞き手・松村 祐介)

「何を準備し発想しているかでプレーの完成度も変わってくる」と準備の大切さを語る仁志監督=オキハム読谷平和の森球場(立石 祐志写す)

 ─監督の理想像は常総学院高の故木内幸男監督と以前に話していた。

 「木内監督は形式的ではなくて常識的な方。状況に応じて考えるのが常識的。でも野球は形式的なことが非常に多い。なぜやっているのか理由は分からないけど昔からやっていることもある。(2軍の)育成って言葉にすると軽いが、選手の人生の一端を背負っている。できる限り選手に全力を注がないと僕自身後悔する。何もしてあげなくて選手が引退に追い込まれたら、それは怠慢。僕が選手に嫌われても、選手を嫌うことは絶対にない。でき得る限り、最大限の努力はしたい」

 ─指導する上で心掛けていることは。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

仁志敏久(野球)に関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング