1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. DeNA入江、初の実戦形式34球「こんなもんかな」

2021春季キャンプ
DeNA入江、初の実戦形式34球「こんなもんかな」

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2021年2月13日(土) 05:00

打撃投手で汗を流した入江

 「すいません!」

 打席の神里に対してボールが3球続いたマウンドで、思わず大声を発した。横浜DeNAドラフト1位・入江の初の実戦形式は、34球のうち13球がボールと判定された。

 「なかなか思うようにいかなかった。こんなもんかなという気持ちで割り切って、あした(13日)からしっかり練習しようと思います」。187センチの大型右腕に暗さは似合わない。全体練習後はシャドーピッチングでフォームをすぐに確認した。

 最速は146キロをマーク。安打性は3本にとどめ、三浦監督は「手元で切れがあるし、しっかり腕が振れている。実戦でどれだけ押し込められるか」と期待を寄せた。

 本人も自覚は十分だ。投球後に指揮官から「体全体を使って投げることが大事」とアドバイスをもらい、「指先でコントロールするのではなく、体全体で投げられるフォームづくりを意識してやっていきたい」。自慢の直球をさらに研ぎ澄ませていく。(小林 剛)

平良、抜群の制球力

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

関連しているニュース

入江大生(野球)に関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング