1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 首位打者佐野の歩み(4)未来動かした「決断」

Captain’s Roots 首位打者佐野の歩み
首位打者佐野の歩み(4)未来動かした「決断」

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2021年1月31日(日) 14:01

2年秋のリーグ戦で記念すべき初アーチを放ち、強打者としての歩みを進めた=2014年10月

 「キャッチャーをやるのと、できるのは違うと思います。できて初めて評価される。だからバッティングをやりたい」

 2015年11月、明大・島岡寮の応接室。最終学年を前にコンバートを提案された佐野恵太は、善波達也監督(当時)に断りを入れた。

 阪神にドラフト2位で指名された坂本誠志郎の後釜として期待されていた。同時に、一塁手でプロ入りするのは厳しいという親心でもあった。善波監督は「もう言わないよ。覚悟を決めてやれよ」と受け入れた。

2年の秋に初アーチ

【桜美林大―明大】1回2死無走者から右前打を放つ明大・佐野=2016年11月16日、神宮

 広陵高(広島)では実績を残せなかったが、明大関係者はインパクトの強いスイングを評価しスポーツ推薦で迎え入れた。「肩も強いし、4年後には次のレベルに行かせてあげられる」と善波監督。高校2年秋から捕手を始めた経緯も踏まえ、時間をかけて成長させるつもりだった。

 そんな首脳陣の想像を、佐野は持ち前の打撃で超えていった。1学年上の高山俊(阪神)や菅野剛士(ロッテ)らと遜色ない力を発揮。善波監督は「坂本もいて勝ちながら育てるのは難しいが、このバッティングを使いたい」と思い直した。

 2年春にリーグ戦でデビューし、その秋に初アーチを記録。3年秋にはベストナインにも選出された。佐野自身も「プロになりたいという漠然とした思いは持っていたけれど、ベストナインに選ばれて明確な目標になった」と語る転機だった。

 とはいえ、善波監督は「打撃のレベルは高いが、常にどこを守らせたら良いかを考えていた」。集大成のシーズンを前に悩みは消えなかった。

運命変えた9位指名

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング