1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. ドラ6位・高田琢登 親子3代の夢、続きへ

ルーキー 新時代の8選手(5)
ドラ6位・高田琢登 親子3代の夢、続きへ

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2021年1月22日(金) 05:00

切れのあるストレートが魅力の6位・高田(球団提供)

 「おじいちゃんとお父さんがかなえられなかったプロ野球選手になりたい」。小学校の卒業文集に、高田琢登はこう書いたことを覚えている。

 それから6年余り。夢を成就させた左腕は、目標とする今永昇太が同じグラウンドにいることにも少し慣れ、「やっとプロの実感が湧いてきた」。7人の仲間とともに日々汗を流している。

 サッカー王国と称される静岡県の生まれ。自身も小学3年まではサッカーボールを追っていた。地元クラブの清水のファンで、ともに元日本代表の小野伸二(J1札幌)や岡崎慎司(スペイン1部・ウエスカ)が憧れの存在だった。

 父の晋松さんとは遊びでキャッチボールをする程度だったが、小学4年から野球の道へ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング