1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 横浜DeNAドラ1 入江が初ブルペン「力が入った」

横浜DeNAドラ1 入江が初ブルペン「力が入った」

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2021年1月14日(木) 05:00

新人合同練習で調整するDeNA・入江=神奈川県横須賀市(球団提供)

 横浜DeNAのドラフト1位・入江大生投手(22)=明大=が13日、横須賀市夏島町の2軍施設「DOCK」で行われている新人合同自主トレーニングで初めてブルペン入りした。捕手を立たせたまま25球を投げ、「傾斜での指先の感覚と体重移動を確認したかった。いい緊張感の中でやりたいことはできた」と順調な調整ぶりを見せた。

 新人6投手の中で、ドラフト5位の池谷蒼大投手(21)=ヤマハ=とともに先陣を切って室内練習場のマウンドへ。地元栃木に帰省した昨年12月30日以来の投球練習だったため、5割の力にとどめるつもりだったが「球団関係者に見られて力が入った。実際は7割くらい」。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング