1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 横浜DeNA、県内の児童46万人にベイグッズをプレゼント

新型コロナ
横浜DeNA、県内の児童46万人にベイグッズをプレゼント

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2021年1月13日(水) 05:00

球団誕生10周年を記念したロゴを示す三浦新監督=横浜市内のホテル

 地域に愛される球団へ─。ことし誕生10周年を迎えるプロ野球の横浜DeNAベイスターズは12日、県内の小学校と特別支援学校計936校に通う児童約46万人に、ロゴマーク入りのナップサックやマスク、ミニタオルを贈ると発表した。同日、横浜市内で開いた会見で明らかにした。

球団が県内約46万人の児童に配布するナップサック、マスク、タオル(球団提供)

 岡村信悟球団社長は「コロナ禍で先が見えないが、子どもたちにとっての1年は大切。少しでも思い出をつくってあげたい」と趣旨を説明。運動不足解消のため、元トレーナー監修の「ベイスターズ体操」も考案し、今後学校で活用してもらう予定だ。

 球団は5周年の際も子どもたちに野球帽を配布するなど、地域密着の取り組みを続けてきた。三浦大輔新監督は「元気な子どもたちが街にあふれることを願っている。ファンのためにもチーム一丸で戦っていく」と意気込みを語った。

児童「いつも持ち歩きたい」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング