1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. さよなら、ラミレス監督 番記者は胴上げを見たかった

刻む2020(11)
さよなら、ラミレス監督 番記者は胴上げを見たかった

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2020年12月25日(金) 05:00

今季最終戦のセレモニーであいさつする横浜DeNAベイスターズのラミレス前監督=11月14日、横浜スタジアム

 今から3年前の秋、街はプロ野球・横浜DeNAベイスターズの19年ぶりの日本シリーズ進出に沸いていた。当時横浜市政担当として詰めていた市役所の記者クラブに、隣の横浜スタジアムから届く声援の大きさをよく覚えている。

 翌2018年にベイスターズ担当となり、熱狂の真ん中に身を置いてから3年間、あのとき以上の興奮がきっと訪れるであろうと胸を焦がした。大きく言えば追うテーマは一つのみ、強打で鳴らした元スラッガーがどうチームをまとめていくか。達成感に満ち、胴上げされる指揮官の姿をずっと夢見ていた。

 11月14日、今季最終戦の後に退任セレモニーが本拠地であった。スタンドのファンからは万雷の拍手が降り注ぎ、コロナ禍で大声での応援が禁じられている球場に時折、「ありがとう」の声が響いた。

 ただ、そこに待ち望んだ光景はなかった。去り際にトレードマークの笑顔を見せ、アレックス・ラミレス監督は5年間振ってきたタクトを置いた。

「データと直感」自負

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

刻む2020に関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング