1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. DeNA育成1位・法大石川「顔となる選手になれるよう」

ドラフト会議
DeNA育成1位・法大石川「顔となる選手になれるよう」

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2020年11月29日(日) 16:30

育成からのスタートも即戦力として期待がかかる石川=横浜市内のホテル

 横浜DeNAは29日、育成ドラフト1位で指名した法大の石川達也投手(22)と横浜市内のホテルで入団交渉し、支度金300万円、年俸340万円で合意した。背番号は101。石川は「支配下に上がるのが大前提。ベイスターズの顔となる選手になれるよう頑張りたい」と意気込んだ。

 名門横浜高では藤平(楽天)との二枚看板で甲子園にも出場。大学では故障に悩まされ、「体が細くてけがしやすいと痛感した」という。

 今年4月、鉄棒から落下した際に左手首を骨折し手術。その影響で登板数は少なかったが、八馬スカウトは「春の時点ではロッテに入団した(同期の)鈴木と同じ評価。もちろん即戦力」と期待する。

 度胸も据わっている。小学生のころ、家族でベイスターズ主催のディナークルーズに参加し、当時現役だった三浦大輔新監督と対面。トレードマークのリーゼントを触ろうとして「ダメだぞ」と断られたという。

 「偉大な投手だった三浦監督の記録を越せるような選手になっていけたら」と飛躍を誓った。

(金額は推定)

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング