1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 柴田、二遊間の堅守で存在感 「野性的に動きたい」

2020 BAYSTARS
柴田、二遊間の堅守で存在感 「野性的に動きたい」

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2020年11月29日(日) 11:00

 横浜DeNAの柴田竜拓内野手(26)は今シーズン110試合に出場し、先発は61試合と昨季(34試合)を大きく上回った。開幕前に「レギュラーを奪取する」と誓った通りに二遊間で堅守を発揮した一方、主力の立場で結果を残す難しさも味わった。

堅実な守備で二遊間のレギュラー選手としての足掛かりをつかんだ柴田=14日、横浜

 ─1年を振り返って。

 「試合に出続けないと分からないことがたくさんあった。8月から体が思うように動かず、修正できずに悪い状態が続いてしまった。自分が思った動きよりワンポイント遅れてしまっていた。引き出しの少なさが出た。完全に準備不足。体の大切さをあらためて実感した」

 ─どう乗り越えてきたのか。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング