1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. 新守護神・三嶋 30歳で新境地…最終回マウンドの胸中は

2020 BAYSTARS
新守護神・三嶋 30歳で新境地…最終回マウンドの胸中は

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2020年11月27日(金) 05:00

 横浜DeNAの三嶋一輝投手(30)は今季途中から初のクローザーを担い、18セーブ、防御率2.45と抜群の安定感を誇った。不振の山崎康晃投手(28)から引き継いだ最終回のマウンドで何を感じていたのか。

強気のピッチングでクローザーとして新たな境地を切り開いた三嶋=10月、横浜

 ─今季を振り返って。

 「九回を投げることは想定していなかった。日本の絶対的守護神のヤス(山崎)のコンディションが悪くて自分が任された。どういう投球をしないといけないかを考え、シーズンが終わるまで全うしたいという気持ちだった。それができたことは自信になる」

 ─7月29日の巨人戦で初セーブ。不安はなかったか。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

三嶋一輝(野球)に関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング