1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. バーチャルハマスタ第2弾 29日、多様な角度から観戦も

バーチャルハマスタ第2弾 29日、多様な角度から観戦も

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2020年9月25日(金) 05:00

仮想現実(VR)などの技術を通じて、自宅にいながら球場の雰囲気や試合観戦を楽しめる「バーチャルハマスタ」のイメージ

 横浜DeNAは、仮想現実(VR)などの技術を通じて、自宅にいながら球場の雰囲気や試合観戦を楽しめる「バーチャルハマスタ」を、29日のヤクルト戦(午後6時開始)で実施する。8月11日の阪神戦に続く企画の第2弾で、今回は新コンテンツも加わっている。

 参加者はスマートフォンやパソコンなどを使い、バーチャル空間上に開設された「横浜スタジアム」に来場。自分のアバター(分身)を動かして球場内を自由に歩き回ることができ、実際の試合状況に合わせた演出で一体感も味わえる。

 2回目の今回は自由視点映像を用意、決定的なシーンをさまざまな角度から見ることが可能だ。また、バーチャル空間内限定で購入できるオリジナルTシャツを販売する。

 前回は延べ3万人が参加。球団の担当者は「新しい野球観戦のスタイルを一度体験してもらいたい」と呼び掛けている。詳細は球団公式ホームページへ。

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング