1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 山本昌氏が野球殿堂入り 日大藤沢~中日、初の50代登板

山本昌氏が野球殿堂入り 日大藤沢~中日、初の50代登板

野球 | 神奈川新聞 | 2022年1月14日(金) 15:08

野球殿堂入りが決まり、古田敦也氏(中央)のレリーフの前で記念撮影する山本昌氏(左)と高津臣吾氏=14日、東京都内の野球殿堂博物館(代表撮影)

 今年の野球殿堂入りが14日、東京都内の野球殿堂博物館で発表され、プレーヤー表彰に日大藤沢高出身で元中日の山本昌氏(56)らが選ばれた。

 山本氏は1984年にドラフト5位で中日に入団。3度の最多勝に加え、最優秀防御率、最多奪三振、沢村賞など数多くのタイトルを獲得した。2006年には史上最年長の41歳1カ月で無安打無得点試合を達成。引退を表明した15年には、初めて50代での登板を記録した。

 プロ32年間の通算成績は581試合で219勝165敗5セーブ、防御率3.45。

数々の記録打ち立てた「中年の星」

 有資格者となってわずか2年。山本昌氏は「(受賞の)知らせをもらったときは混乱するくらいの感情だった」と心境を明かす。プロ32年で数々の最年長記録を打ち立て、「野球が上手なわけではなかったが、周りの人に助けてもらった」と万感の思いに浸った。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

野球に関するその他のニュース

野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング